窓際社員の憂鬱。いつからポンコツに?そのルーツを探り、自分をレストアしたい!

赤い思考法

このブログを見に来てくれた人達よ、
俺みたいになるな!

病気についてだけでなく、ダメ先輩の生きざまを見て
早く気づいてやり直せ!

現在、窓際社員継続中である私のプロフィールを紹介して自身でそのルーツをたどり、

自分再生の始まりにしたいのです。

今までどんなん生き方だったのか?

 

ポンコツワーゲン

もうすぐ55歳、まっとうな社会人になって25年。

少し年齢が足りないのは社会人デビューが遅かったからです。若い頃からサボり癖があっていまだに続いているのです。

 

小学生の時はある程度普通の子供で、友達付き合いもたくさんあって楽しく過ごしていました。
実力もない見栄っ張りで、期待されるのですが期待を見事に裏切るそんな子供でした。

家は貧乏で風呂なしの団地住まい。2Kの間取りに4人家族。父母と弟の構成。

父は普段から家にいなくて一緒に遊んでもらった記憶がない。
母は、誰にでも好かれる気さくな人でした。

両親の事で一番覚えているのはお金のことでいつも夫婦喧嘩をしていたことかな。

 

私の家にはお客さんが来たことがほとんどなく、私は今でもこの状態が続いている。
見栄っ張りなところがあって、招き入れないのです。
妻は良く友達を招くので普通なのですが…

 

友達はこの頃から少なく、社交性は全くなし。
寂しがり屋のくせに、群れたがらない一匹狼。一人が心地よかった。

よく言われたのが、一見何でもできそう!そう見えたらしい。
人が寄ってくるけどやがて気づいてしまうのです。

言うことだけがデカい奴!付き合いにくい!

良くウソをついてしまいました。見栄を張ってしまうのですね。
悪気はありませんよ。

  自分を大きく見せる癖!

初めて自分の出まかせに嫌悪感を持ったのが小学校1年生の時。

いとこのお姉さんを実の姉と何気なく言って、みんなの前で先生に追及された。

   変な挫折の始まり。

先生に不信感を持つ。今考えると先生も他のやり方があるだろうと思います。

この後先生への不信感は加速していく。

不信感 犬

中学では成績が発表されるので多くの面で友達と差がついた。
それでも向上心は一向に見られなかった。何故か家庭の貧乏を理由にして努力すらしなかった。

部活動も厳しさに耐えられず辞めてしまう。

ヘボなのにプライドだけは高い!

中学での最大のウソは3年生の夏休みの宿題を全くせず、始業式前日から体調が悪いと嘘をついた。口が血を吐いて、病気と見せかける。(歯茎を刺激して出血させただけ)体温計を擦って体温を39度くらいに細工する。

 

病院でも同じく見えないところで体温計を擦って高温を見せかける。病院での診断はリュウマチ熱と診断され、入院が必要とされ、すぐさま入院で学校に行くことを回避できた。楽になった。

たくさんの友人、同級生が見舞いに来てくれたことをよく覚えている。

 

大人をいとも簡単に騙せた。友人達も…

でも、良心が残っていて悩んではいました。

はっきり言って全くの仮病!

これまで誰にもカミングアウトしていない事です。

その流れで高校受験も志望校には程遠く、何とか郊外の普通科に滑り込む事ができた。

小学校高学年くらいからストレスより
まゆ毛と髪の毛を抜く癖が出て、

まゆ無しソリ(剃るという意味)と言われ始め、不良に絡まれる。
気が小さくまた、プライドが高く、何も追いつけず高校生活を維持できなかった、

高校を中退。ひどい現実逃避!

入学資格検定を受けて大学進学を目指すと親を説得!今で言う引きこもりのはしりです。

でもほとんど勉強はしませんでした。目指すは東大、東北大学医学部と周りに吹聴していた。

でも、
実力は全くなし。足元にも及ばず。
良心がどんどん警鐘を鳴らしていました。

 

そんな状態のまま4年遊んでしまいました。両親は息子が大学に入ると思って頑張ってくれましたが、次第に親も気付き始めていたのでしょう。

騙せない!

私も精神的に追い詰められます。死ぬことしか選択肢はなく、団地の4階から飛び降りそうになる。震えがきて親に助けを求めた。病院に行き睡眠薬を初めて使用した。

 

この時も、受験をあきらめた理由を家庭の経済的理由としていた。確かにその理由もあったが、実は頭が悪いからであった。

もう、受験なんて言って入れない年齢!

 

受験をあきらめ、父親の勤務している会社のお世話になることになった。

東京で寮生活をスタートさせた。そこでは、先輩にとてもかわいがってもらった。本当にいい人ばかりのイメージしか残っていない。

この時期に始めて親に対する敬う心が芽生えた!

 

皆良くしてくれたが、2年くらいでこの会社を辞め、日産の整備工場に転職し、夜もガソリンスタンドでバイトと昼夜働きました。

実はカーレースをやりたくて掛け持ちしていた頃。

苦しい生活なのですぐにギャンブルで増やそうと安易に走る。お金が増えるはずがない。
むしろ借金をしてまでも取り戻そうとするl

さらに落ちていく… 😥 

水道、ガスが止まり、ひどく堕落した生活を体験することになる。バイトもサボりがちになり、行きづらくなる。

周りは幸せそうで精神的にも追い込まれる。

 本当に孤独な生活だった。

真夜中ひとり

見た目も悲惨で、
みんな目をそむけたくなる男!

電話も止められていたので、公衆電話で実家にSOSコール

ワンボックスカーで田舎から迎えに来てくれた父と母。

車内の会話もなく、重苦しい雰囲気での首都高走行。
東京から追い出された感じがしてならない。

  忘れられない過去

見事に惨敗して田舎に戻った。

また放蕩息子が帰ってきてしまった。私が返ってきたおかげで実家の崩壊が始まった。実家に戻って引きこもり状態。わずかなバイトでは家計の足しにもならない程。ほとんど親に食べさせてもらっていた。

 

そんな中、
人生を立て直せるチャンスが訪れた。

ある地元企業の入社試験をダメもとで受けに行った。10名くらいの中から3名の採用。その中の一人が私だった。
学歴やその他で弾かれると思っていたのだが、周囲にも認められる仕事に就くことができた。この時30歳!

家族のお蔭で再スタートができる。そう思った!

 

しかし、
そのこともすぐに忘れて分不相応な暮らしを始める。車などに散財してしまう。借金生活が再開されてしまった。母親の散財も加わり一家で苦しい生活。借金は膨れ上がり返せない。

数年後、私が原因で
家族全員で自己破産したのです。

その数年前に妻と出会い結婚し、長女が生まれていた。できちゃった婚で計画性が全くなく、お金もないので結婚式らしきものも全くなし。
そんな結婚で、妻にも内緒なことが多く、妻をだまして結婚したようなものだ。 🙁 

ある日、妻に全部を打ち明け妻の実家に泣きついて助けてもらうことになった。

生きていく上での計画性がまるでない。
本当にだらしない!

34歳で結婚 長女誕生
36歳で長男誕生
39歳で次女誕生
40歳で自己破産 関東に逃げ出した

この間にもたくさんの不幸な出来事がありました。

これは私の出来事ではないので記載できませんが、地元にいれなくなるような出来事も経験し、

特に妻の精神的心労はピークに達していたと思います。

 

妻の実家のある関東に引っ越し、再起を図る!

とても良い会社に入社できた。

生活を立て直せるほどの収入を得るも以前と変わらずだらしない生活。

借金は自己破産のおかげでできないので、ある程度の計画性を持って生活できたが、実家からの借金返済は滞る。

でもとても幸せを感じることのできた日々!

私だけかもしれないが…

海辺のニコニコボール

徐々に、私の計画性のなさは妻や子供の生活を直撃することになる。

会社でも信頼度は少しづつ上がって、役職も授かった。

そんなある日、上司ともめて一見一番信頼されているように見えた私ですが、

突然、クビになった!

49歳働き盛り あまり言及したくないが、会社に主張したことは全く間違ってはいない。

しかし、
私のやり方、知識は、子供過ぎた!

 

その後、
4か月の就活期間の末、今の会社に拾ってもらった。

   この頃に発病したらしい!

ココから後のお話は以前のブログに記してある通りになります。

最近の自分はどんな社会人なの?

こんな文章を誰も見てくれないのは分かっています。興味も湧きませんよね!

しかし、自分のために残しておかなくてはいけないものなのです。

   自分が読む為のページなのです。

最近の自分は?

私には反省する点がほかの人よりたくさんあります。
命の限界がある程度見えてきてからは十分反省点を意識しています。

そのため生活パターン、考え方に向き合うようになりました。

できる限り、無駄な争いをせず、笑顔で人に対応し、時間を無駄に使わない。他人を敬い、過去にも感謝する。
そんな自分に変わりつつあります。

身体は依然としてきつくて怠い!

 

しかし、
それ以上に気力が充実しています

学びが多くて、人生で一番謙虚で生き生きとしています。病気を治してもっと先の世の中を見てみたいという欲が出てきました。

この歳で人生で一番忙しいとは、喜んでよいのか悲しむべきなのか… 😕 

自分からこの忙しさの嵐の中に飛び込んでいった!

社会人としては?

この歳になって、学ぶこと伝えること結果を出すことの大切さを学びました。

病気をしなければ気付くことができなかったとしたら、心から病気に感謝しなくてはいけません。

 

学ぶことは、私の場合は覚えることと言い換えてよいと思います。覚えていないので知識の連携ができていなかった。断片知識で広がりがないのはその為。
何事も続かないのも弱点でしたが、最近はブログのために学びとアウトプットを欠かさず行っていることは自分を社会人として弱点補強をしているとして褒めたいと思います。

体調のための体操などもできうる限り続けています。

もっと早く気付いていれば…

 

伝えることは、とてもへたくそ!昔の職人気質があって、もし俺を学びたいなら技を盗めと思っています。しかし、時代はしっかり後進を育てる時代なのです。会社に属しているとそのスキルが必要になるのです。

「昭和の時代の人間だ!」と言われますが、
私は昭和の生まれだからそれを誇りに思って盗めと言って今の会社を去りたいと思っています。

しかし、
初老でも令和を流れの最先端で生きれるのだ!ということを証明してみたいと思っています。

技を盗んで、新しいものを作りたいのです。

ハイエナ

そして、
盗め!と高らかに言いたいです。

 

結果を出すことは、一番難しい事!
言い方を変えれば、成功するということになる。数字を出す事!

私には取り返しのつかない過去が沢山あるので、何かに成功した実感を得てもプラスマイナスゼロになるだけだと思う。

バカな大人と言われないように
せめてプラスマイナスゼロになるよう目標設定したいと思います。

私の人生、プラマイゼロが最低目標だ!

どう成長したのか!これからどうする?

遅いスタートも自分らしくて好きです。同じ年代のほとんどの人は人生を振り返る時間と思うでしょうが、

私は始まったばかりなのです。

この世の中で自分にしか進めない道であると誇りを感じています。

自分で生まれてきて良かったと思えるようになったこと
そう思えるようになったことが成長の証であると思うのです。

今までが怠けていた時期で、いばらの道が続くとは思いますが、寝る間を惜しんで、命を削ってでも家族やお世話になった人のために突っ走ります。

カッコつけなければ生きていることは意外と楽しいことがわかりました。

走り行くワーゲン

コメント