健康診断後の受診と糖尿病の見え隠れ 糖尿病の自覚症状とは!

足元糖尿病

実は、
以前からⅡ型糖尿病の診断も受けていました 

お分かりの方も多いと思いますが、
糖尿病は自覚症状もほとんどなく

年齢の割に動ける中年だった
ので、何の対処もしないまま生活をしていました

今だから言えることですが、めまい、怠さは感じていました。   
年相応の経年劣化と自己判断してた…
 

会社近くの健康診断担当医院での受診

 

参考までにマイスペック 2017年頃 53歳 

身長   自称170㎝   体重80㎏  
血糖値280前後 血圧80∼115  
視力0,1以下(コンタクト使用)   
上下とも部分入れ歯使用  
睡眠時間は若い時から一日3∼4時間  
食事の時間も不規則 早食い 間食好き
運動も超不足気味でウエスト88㎝
基本的にデスクワークっぽい 座って行う仕事 しかし、体力を使う業務もあり
髪の毛それなりにありました

身長は最近縮んだと妻に言われます 🙁 

 

上司に注意されたことを妻に報告すると、怒られて当たり前と言われました

介護福祉士の資格を持つ妻はいつでも、
食事や生活態度などの配慮と助言をしてくれていましたが、

隠れて飲食し、量もごまかし、睡眠時間を大切に!の助言をされても、午前2時以降就寝を貫く…いい加減な返事で…

    

自分の節制のなさはひど過ぎです 😥 

早速、次の日に病院に行くことを妻と約束して、本腰を入れて病気と向き合ってみようと思ったのです。 

こんなに大ごとになるとも知らず…

覚悟を決めていざΧΧ医院へ出発!

 

次の日、足取りも軽やかに会社近くのXX医院に向かいました

まるでいつもの出勤のように

まだ事の深刻さに気付いてないバカな大人が!

会社近くのXX医院にて

閑散とした院内は緊張感を高めます

とても小さい病院なので
  待ち時間もなく診察室に呼ばれ

問診を終え、すぐに今後のアドバイスをいただきました

検査施設の充実した近所の大きい病院への再受診と

この時点のデータからは糖尿病の合併症に注目したようで、

すぐに眼科での眼底検査
の受診を薦められました
数年たった今でも糖尿病の本当の怖さを理解してないのかもしれない

会計を待っていると
忙しい中、本当に上司が駆けつけてくれました

そして、担当医と結果について一言二言交わした後、
「先生の指示に従って検査を受けて、
    良い報告を期待していますよ」

と声を掛けてくれました

猫 笑顔

  「にこーっ」 🙂   いい人だな

駅前の眼科受診

そこから徒歩3分くらいの眼科を選び、すぐさま診察を受けました

簡単な検査だと思っていましたが、
「数時間は運転はしないでくださいね」
の言葉で検査内容について少し緊張感が高まりました!

コンタクトレンズを使用しているので
比較的に
眼科慣れしてると思っていたのにな∼

 どんな検査なんだよ∼

眼科医

痛くて二度とやりたくないなという検査ではなく、
結果はこの時点では異常なし

糖尿病網膜症の心配をせず
安心して帰宅したことを今でも覚えています

 

糖尿病網膜症についてはこちらをご覧ください

糖尿病網膜症~失明を防ぐために~

妻はあなたのことを一番知っている
糖尿病克服は甘くない!道のりは遠い

 

コメント