【痛みランキング】体験者が語るリアルなお話です!こんな体験しない為にも…

痛いライオン病状

手術の次の日

予定では起き上がって、立ち上がるまで行う予定でした…

最近は手術後の入院日数は様々な技術の進化などによりどんどん短くなっていまして、ある程度の体力のある患者さんは手術の翌日にベッドから立ち上がる事を
要求されます!

しかし、私は朝から体に異変を感じていました。

    とても焦った

朝から身体がおかしい!痛みと戦う中年戦士

朝起きてすぐに左半身にしびれを感じました。今までになく激しくしびれます。

そして左足は全く動かない!
感覚が全くなくパニック状態。すぐさまナースコールを探し即プッシュ!

 

看護師さんにこの事を伝えると、すぐさま医師が駆けつけてくれて、考えられるのは痛み止め用のチューブが原因でしょうとのこと。

私のイメージの中では背中に繋がっている針が神経などに干渉しているのかな?という認識です。このままマヒが残ってしまう可能性を伝えられました

私はその話を聞いた上でその管を外したら?と聞くと、これが原因ならば麻痺は取れるでしょう。しかし、麻痺が取れない可能性もあるし、痛みが相当来ますよと予想通りの答えでした。

この管は痛みが襲ってきたら鎮痛剤を投与するための管。それを外したら…

痛みがどれくらいあるかなんて未知の世界ですから、即答で、

外してください…

と伝えました。医師の結論は、私の意見を尊重し、外すことに同意してくれました。

本当にいいんですか?

外科手術の直後に一番効果的な鎮痛剤を絶つとどうなってしまうのか?どれだけ苦しくなるのかなんて分からないですよね?

私は分かります!経験者だからよく分かります
     変な自慢できますよ!

麻酔のない時代の人達は…壮絶です!

痛みを言葉で表現しますと、不定期にお腹と背中がつるような激痛でエビ反ります!
のたうち回るといいますが、のたうち回れないのです。固まってしまいます。
どんな姿勢を取ってもダメ!呼吸を工夫してもダメ

大人が涙を流して懇願します
「痛い―」「あーっ」「何とかしてよー」声になる時は叫びます!「あーっ」 
それ以外は声も出せず耐えるのみです

看護師さんもどうすることもできず、優しさもありません。
声はかけてくれますが、さっとほかの患者さんのところに行ってしまいます。私にかかりっきりになるわけにはいかないのです。

次に来る痛みが怖いのです。ずーっと続くのではなく不定期に来るのです。すぐにきたり、20分ぐらいこなかったり…

この経験はとてもレアなのではないでしょうか?
医師も看護師さんも他人の痛みを間近で診で自分でもある程度経験して、教養として学んでいるでしょうが、その道のプロでさえも感じて理解できない部分もあるのです。

知識でしか存在しない部分。
  どれだけ痛いのか! 分かってない

私も仕事をしていて自分で言っていることが知識としては分かっているのに、体験した事がなく…
そんな自分で言ってて、自信の持てない事ってありますよね?

世の中そんなことは多いと思います
人の体験談をそのまま自分で経験したの如く、伝えている時がある

医療従事者ならばそれは「痛み」なのでしょう
痛みを多数目撃はしているが経験はほとんどない…

 

ランキング1位、2位は妻が目撃しているので
 その尋常ではない痛みで
  苦しんだ旦那を目にした証人になっています

痛みの考察 自流痛みランキング

そこで、私が過去経験した痛みを思い出してランク付けしてみました。何のためになるんだ?と思われるでしょうが興味を持たれている方は多いと思います

   それではご紹介いたします
    お付き合いください!

比較方法として、声の出方(うっ!程度~絶叫~声が出ないまで)やその痛みの最大値とその時どんな状態であったのかを加味してランク付けしてみました。賛否両論あるでしょうがどうぞご理解下さい!

※なお皆さんに分かり易いように目安として、足がつった時の痛み(あーッと声が出る)を総合的に判断して第6位同等と位置付けました。

 第7位  歯の痛み

虫歯の痛みはほとんどの方が知っているでしょう。声を出さずに痛みを我慢して、薬を飲んでごまかせる感じを6位として分かり易いようにランクインさせてみました。足のつって時の痛みよりは下位になります

 第6位  頭部外傷、足がつる(参考)

小学校2年生の時、同級生に石を投げられ後頭部に命中!頭がキーンとなり(と言うより耳鳴りがしていたのだと思う)、本当に頭が真っ白になったことを覚えています。
自宅の目の前の出来事で、泣いてフラフラしながら家に入り後頭部を触ると濡れていました。

そう!出血です。流血で母親をビックリさせました
血を見て更に痛みが増した気がします…痛みを表現するとズキンズキンズキン!
近所の病院に直行。頭に包帯を巻いて帰りましたが、帰宅後は
不思議と痛みを感じなかったことを覚えています。
ここまでは何とか仕事や学校に行ける程度の痛み

 第5位  ぎっくり腰

25歳くらいに仕事中に腰の一点に針をチクッと刺されたと同時にウっと声を上げて動けなくなりました。姿勢変化をすると激痛が襲いますが、姿勢変化を抑えると少し楽になります。何年かに一度必ず来るもので一回痛めると癖になってしまうらしいです。その後4,5回経験済み!
ここからは仕事、学校へはいけない程度の痛み

 第4位  骨折

小学校5年生の時、鬼ごっこ中にドブに転落して右手を骨折しました。
直後は強烈な痛みは痛みがありましたが、痛みが少しずつ治まるとシビレを感じました。すぐに家に帰って汚れた服を着替える時に痛い右手でシャツのボタンを外そうとして全く動かせず、

左手で外せばいいじゃん!なんて冷静に考えたことがありました

骨折

ちなみに片手で自転車をこいで病院に行き医師に怒られました。帰りはギブスで固定され自転車で内緒で帰ったのを覚えています

たくましい子供だったなー!

 第3位  ナイフによる外傷、火傷

次に体験したのは、中学1年の夏休みにプラモデル作成の最中に薬指の先端をカッターで切断しそうになった
これは指先が取れてしまうくらい(7∼8ミリくらい)

血を止めようとしましたがなかなか止まらず、家族が誰も居なくてとても焦りました

痛みは心臓の鼓動が、血液の流れが意識できるドクンドクン!このリズムに合った痛みが襲ってきました!

何とか病院に行かず親に心配をかけまいと少し伝えて痛み止めを母から調達して夏休みということもあり何とか乗り切ったイメージです。何とかくっつきました。しばらく痛くて強く印象に残っていて刃物の扱いには今でも慎重になります!

逞しく強い子供だなー!

この痛みは骨折の時より痛かったのを同時期に起きたのでよく覚えています。


火傷については学生時代に少しヤンチャをしていた時にタバコの火を先輩に押し付けられたことがある…
ほんの少しではあったが痛いより熱い!が瞬間的記憶!しかし、その後痛みが長続きし痛痒くて1㎝にも満たない火傷ではあるが上位になります。火傷面積が大きければ同率2位くらいなのでしょうか…この位なら学校に行ってたな!

 第2位  結石

結婚してから尿管結石を体験しました。35歳の頃です。
背中が少し痛くなり、筋肉痛で
、風呂に入って温めたら治ると思い、湯船にどっぷりつかって一旦楽になったのですが、
だんだんまた痛みがひどくなり、湯船から出られない状態になってしまい妻を呼びました。
救急車を呼ぼうとしましたが、父がいたことと、少しだけ動けたので救急車を呼ばずに自宅の車で病院に向かいました。

痛みは車のシートから転げ落ちるほどで、のたうち回りました

ずーっと重いものを背中にのせている鈍い痛みとチクッと一点を指す感じが同居します

救急病院に到着して受付の人が私の状況を見て早く診察できるよう配慮してくれたほど苦しんでいました。

この時点で痛みは腰の方に下がっていました

診察室にすぐ呼ばれて医師に状況を伝えると

速攻で、

尿管結石ですね!血尿出ましたか?

この医者何言ってんだ?

こっちは背中と腰が痛いって言ってるのに、尿管結石なんかじゃないよ!

口から出そうになりました。少し楽になって奥のベッドで横になって何か治療をしたと思うのですが(記憶が曖昧です)急に尿意をもよおしトイレに向かう

いきなり解決!ドバーっと血尿が出て同時にチャリンという音

オシッコと一緒に石が出てきたのです。痛みもすぐになくなりました。
後日再診察を受けましたがそれ以来20年間一度も結石らしいことはありません。

あの時痛みの勢いで「このヤブ医者どこ見てんだ!」って言わなくてよかった
   やはりプロの仕事ですね!

 第1位  手術後のハプニング

ぶっちぎりで今回の入院激痛事件が一番痛いです。

調べてみると私の体験のような記載は見当たりません。しかし、現実に体験者なのだから声を大にして言いたい。

凄い!私のランキング第2位の尿管結石はどのランキングでも上位ですが、それよりはるかに上です
  思い出せないくらい、
  記憶がぶっ飛ぶくらいです

激痛猫

気が狂わんばかりで動いても動かなくても陣痛が襲ってくる

麻酔を外すというのは、
通常の手術中の麻酔とが違って、終わった後の痛みを抑えるために繋いでおいて痛み出したら痛み止めを投与する。そのラインを残しておくのです。
しかし、
私の場合は前記の通りシビレや麻痺の原因と思われるラインを外したのです。

表現が適切でないく、間違っているかもしれませんが、皆さんにもご理解いただけると思うのでこの表現で勘弁してください。

結果的にはこの判断は正しかったのではないでしょうか!

もしマヒなどが残ったら仕事復帰は絶望的で、それどころか、やらなければならないことを見つけていたのだから生きる気力を失っていたでしょう。しかし、痛みの壮絶さが理解できていれば少しは考えましたよ!

これは相当のギャンブルでしたね

スロットマシン

 

相当の賭けです。

麻痺が激しく残っていたら自分から死を選んでいたでかもしれません。

勝てたから言えることですが…

しかし、
私の経験はよくあることなのか、もしかしたら医療ミスなのかもしれないし、この文章で判断できる方がいたら教えて下さい。
でも、何か行動を起こすつもりではありません。医療スタッフは全力で私を助けてくれるべく行動してくれたのです。決して手を抜いたわけではない

私の考えはこうです

手術説明の際にある、死亡や後遺症に至る数パーセントのレアケースに該当したのかと思っています。

そのままの状態でも麻痺など残らなかったかもしれません。

手術する方は様々な痛み、処置方法、ありますから参考にしてください

しびれや麻痺に関しての質問は必ず聞いてみましょう

 番外編  心筋梗塞

苦しさ…
心筋梗塞発症時の呼吸困難は、事前に胸の痛みは多少感じたものの痛みのランキングに入ることはない程度…

発症後にも痛みはあったのかもしれないがその記憶がほとんどなく、大腸がんの手術直後で酸素マスクを装着されていて、呼吸も装着していた方が楽なはずなのに、それを無意識に外してしまうほど息ができなくなりパニックになった。
のたうち回って、看護師さんの慌てずゆっくり深呼吸してとのアドバイスも全く受け入れられない…

それができないんだって!

苦しかった!

それしか覚えていない…

ある意味私の痛みランキング1位の上を行くかもしれない…

だんだん息ができなくなり呼吸が細くなるのは別の意味で痛みを通り越した恐怖ランキングNo.1

今迄で一番死に近付いた瞬間であったが死の恐怖なんて感じる余裕は微塵もなかった。その瞬間の苦しさと無意識に戦っているのみ!
そして、声にならない苦しさを味わい意識が徐々になくなっていった…

おっ、恐ろしい…💦

死というものはあっけなくやって来るものなのかとしみじみ思った。

闘病中の姿

病院のベッドでの発症でよかった!

一人きりだったらもうこの世に存在してなかったはずだ

このブログも突然更新がなくなってたか…

 

これらの経験からも
この先、この痛みランキングの上位が変動し更新することがないことを願うばかりだ🙏

 

コメント