一般病棟での1週間!入院生活を楽しもうよ!苦しさを少しでも和らげよう!

水遊びする犬入院

何の前触れもなく心筋梗塞を発症してICUでの集中治療を2日、個室で1,5日過ごしてから2人部屋に移動になった。
しかし、
隣のベッドは空いたまま。実質上の個室が続く!
これまでは意識もあまりはっきりせず身体も自由に動く状態ではなかったが、周りを見回すことがてできるようになった。
復活に向けて意識が動き出し、活動を開始し始めた。

病状の回復について

個室にいる間に紙オムツが取れるようになった。これだけは医師にずっと懇願していたことであった。
どうしても紙オムツの中に
大便が出来ないのです。
ガスは順調に出たが大便はまだ開通していない。しかし便意はしっかりある。
でも、オムツの処理をしてもらうと思うと…

変なプレッシャーでなかなか出ない。

ファイティングポーズゴリラ

結果的にみると食事が出てからの2日間は大便が出なかったのであるが、
「出そう!出る!」の感覚は時々襲ってきました。


そこで医師にしっかりとの意思表示をしたのです。

紙オムツでするのはムリ!

すると、
同じ思いの方はたくさんいます。
看護師はプロですから下の世話はのご遠慮はいりません。出ない方が問題ですから…

遠慮しないで結構ですよ!

しかし、
下の世話をされたくない人は男女問わず多いのだそうで、
そのストレスも分かりますので検討しますとの事!

その後、必死に歩けるアピールをしてオムツ外しの許可をもらった。ただまだオシッコのドレーンはまだ外せないらしい。
これも次の日には外してもらいましたけどね!

外す時尿道がキーンと痛くなる嫌な感覚!

でも、
両方外せたその解放感と言ったら半端ない!

笑うアザラシ

紙オムツ外しの了解と共に手術の縫合ホッチキスを外してもらうことにもなった。
前回の手術の時には手術の縫合に使ったホッチキスを外す場面をしっかり見る事が出来なかった。でも今回は何気なく担当医師が私のベッドに調子を見に来て、
ついでに外していった感じ!別に悪い意味はない。悪い感じもしない。むしろ順調に
回復していると受け取ることが出来た。

医療器具

自分の傷口をまじまじと見たことがなかったので、その観察も同時にしたことになる。
前回の傷と全く同じ場所を切ったように見える。傷口を縫うなんて時代遅れ!
ホチキスでバッチンバッチン!

それを自然に話しながらホッチキス針を抜いていく!
チクリチクリ微妙に痛い!

おへそをよけた傷口はとてもグロテスクです。もう他人に見られる場面もないオジサンの傷で良かった。
これがこれから恋愛、結婚、出産、女性であれば相当なショックを受けてしまうシーンなのでしょうね!
こんな会話で、医師と会話が盛り上がりました。

会話の内容からも、病状は悲観的な材料はなく順調であることが見て取れました。

絶望ばかりしてはいられない!下の心配が要らなくなり、楽しむことを身体が望みだした。

隣のベッドの老人との会話

少し歩ける状態になってからすぐ隣のベッドに患者さんが入ってきた。その方は手術直後のようで会話は全くできない状態でした。
しかし、
意思表示は目の動きでできるようで、手足が少し動かせる感じでした。当然カーテンで仕切られているので想像の世界ですが…

この患者さんはとにかく水が飲みたいようで、看護師、医師に盛んに水をくれと要求します。スタッフの会話で分かります。
ある時気付きました。この患者さん私にベッドの柵をカンカン叩くのです。

電動ベッド

まるで私が、心筋梗塞を発症した時のようにSOSを私の存在を確信したかのように盛んにするのです。それに気づいて私がナースコールを押してあげる。

お隣さんが呼んでますよ!

そうすると、
ほとんどの場合、この患者さんがナースコールのボタンをどこかに見失ってしまって自分で押せない時に助けを求めてくるのです。柵のカンカンだけで会話はありませんが意思の疎通ができる病院ならではのあるある話の完成です。

入院生活では、こんな些細な音や、いびき、寝言、見舞客との会話などストレスになることもある。でも人間ウオッチングのつもりで見ると楽しいものになる。

でも最初の入院ではこれも相当のストレスになりましたね!
でもガン患者になり人生を見直すことが多くなり、これまでの生き方を様々な見方で反省しできるようになると、
それぞれの患者さんのこれまでの人生の背景が想像できて今までストレスになっていたことが笑って許せるようになりました。

成長したでしょ?

お金のかからない方法としては入院生活は人間観察が一番面白いし勉強になります

入院生活を楽しくする方法

これを言ってしまえば全てに当てはまってしまうのですが、あえて言います。
熱中できる事や時間を忘れ没頭できる事を見つけ出すと入院生活もなかなか楽しいものに変わっていきます。
これも、度を超す痛みや、病気が回復している手応えがないと見つけ出す事すら難しいですが、
何気なく痛みを緩和しようとして行った行動が時間を忘れるほど楽しめたこともありました。
個人の行う行動で偶然の副産物的に生まれることもあるでしょう。

元々好きな物がある方で、病院内に持ち込めるモノは積極的に活用しましょう。
パソコン、写経、ぬりえ、絵を描く、ゲームなど入院患者の先輩がいろいろやってましたね。
ゲームは私よりはるかに詳しい方がいらっしゃるのでお話はお任せします。ゲームも勿論いいですよね!

前進するための反省はどんどんしよう!ネガティブな考え込みは深みにはまってしまう。考え込んでも変化しないものは悩んでも無駄なだけ!

くだらな事

私はこんなくだらないことに時間を費やしましたが、結構この時間の過ごし方が好きでした。

ある時、どうしても腰が痛くて、固い所に腰を当てて身体をそり返らせたくなりました。適当な場所を探していると、病室の窓の壁がちょうどよい高さなの角があるのです。
そこに腰を当てて反り返るととても心地よいのです。そうしているうちに窓辺に椅子を置いてそこに座って読書するようになりました。
そして、休憩しようと思って外を眺めると大きい駐車場に目がいきました。いつも車を止めている所であまり気にしていませんでしたが、医師等が止めるスタッフ専用駐車場であったり、
見てると様々面白い光景に出くわしました。

運転席の犬

勝手に多くを想像して楽しんでいました。
例えば、
車好きの私としては、

スゲー高級車が来たー!

駐車がへたくそドライバーの何回もの切り返しを見たりで飽きません。
中でも、職員用駐車場での車のラインナップが面白かった。医師や看護師さんの車の趣味が面白い!
あの先生はボロボロの車で、全く車に興味がないんだな!って思ったり、車なんて興味がなさそうな方がフランス車のマニアックな車種に乗っていたりと想像の世界は果てしなく続きます。

上から見た駐車場

その中で、スタッフの激務振りも分かりました。ずっと動かない車もあります。帰りを待つ車を見て、スタッフへの感謝の気持ちが改めて湧いてきたものです。

一番は、私の愛車で妻が来てくれる時が一番嬉しかったですね!妻には言ってないですが、見送りも上からしっかりとしていましたよ。
駐車場を出るまで…

ストーカーと言わないでください!
心配性なのです。
愛妻家ともいいます!

読書を楽しむ。

ほとんどの大きい病院には、時間を持て余している人のために書籍をジャンルを問わず置いてあります。更に私のいた病院は、
週1回巡回の貸し出ししてくれる図書係が来てくれました。ここでこれから余裕があったら趣味にしたいものに出くわしました。
お城とダムの本でした。大きい建築物ばかりですが、病気が回復して経済に余裕が出来たら全国の各お城とダムを見に行きたいと思うようになりました。
夢は広がります!まだ日本のダムとお城しか勉強していませんけど…

黒部ダム部屋の隅っこに置いた椅子で読書をしたのですが、どうしても眠くもなります。
そこで私は、抜毛症の症状をうまく利用して
眠気をなくしました。
あまり衛生面でもお勧めしませんが
腕の毛を毛抜きで抜いて目を覚ましたのです。

裸眼だと老眼の影響で良く見えるのも拍車をかけた要因です。

前回の入院からの眠気防止の私独自の対策です。

テレビ番組

最近の病院の備え付けのテレビは角度調整や照度調整も細かく調整できるのでとても見やすくなっています
カードを購入して、このカードで
テレビと冷蔵庫を時間単位で使用できます。私の場合1000円で2週間くらい持ちましたが、向かいのベッドの患者さんが良くぼやいていました

入院中何枚買えばいいんだ!

相当な金額使っています。良く奥さんにカード買ってきてと言っていつも呆れられていました。
私が言ってあげることもなく看護師さんがアドバイスしてくれました

寝ている間もずっとテレビつけっぱなしだからだよ!
冷蔵庫もほとんど何も入ってないのにスイッチ入れぱなし!

原則隣りのベッドの方に迷惑になるので常時イヤホン使用となるのでテレビがつけっぱなしかどうかが分からないし私も言ってあげることが出来ません。
さらに最近の入院のスタイルとしてカーテンを閉めっきりで仕切っているので見えないのです。

ちなみに、ベッドを仕切るカーテン開けっ放しの患者は今まで1人だけでした。

私は食事の時にニュース番組を見る事と、寝る前に医療ドラマやお笑いを見るくらいでした。ラウンジで女性の患者さんの会話では必ず
医療ドラマの話題で盛り上がっていました。
数か月前の話ですが、今現在はもっと医療ドラマが様々な角度から制作されていて、
患者目線のもの等も制作されているのできっと次の日はその会話で盛り上がっていることでしょうね。

なんか皆さんイキイキしていましたよ!

笑う犬

YouTubeは楽しい

自分の好きなジャンルをいち早く見つける事です。私のおすすめは、

大食い  特に食べれない時に何故か見ていました。
汚部屋  キレイになるプロセスが何とも言えません
車のレストア 古い車がピカピカになる様はたまりません
音楽 病室がアリーナに早変わり 
工芸品の製作 これは凄い!

プロが汚部屋を徹底清掃!貴重品を探しつつの巻

I TURN 2 HEX NUTS into a 1 Ct DIAMOND RING

はまりますよ!

ジャンル、新旧を問わずなんでも検索しよう!

入院中の不思議な一夜

入院中1日だけこんな夜がありました。とてもとても静かな夜がありました。
こんな時ほど不思議と眠れないのです。
全く不快な痛みや心の迷いも全くない、本当に落ち着いた状態でした。

自分も痛みとの苦しい戦いをした経験があるので、急に唸り声を上げたり、物音がしたり、どたどたと足音が聞こえたり、救急車のけたたましいサイレンの音と改めて考えるといろんな音が聞こえてきて夜もいつもに賑やかなものですが、

でもこの日は足音すらしない…

自分の寝返ったシーツの擦れる音が一番うるさく感じる。
いつもより深い眠りに入れそうな夜なのに眠れそうにない。
昼に寝ているわけでもなく、リハビリに疲れているのに…

月夜の狼

神聖な気持ちで深く考える時間をくれたのを忘れないでおこう!

コメント