糖尿病+ガン発覚そして心筋梗塞!病気の逆サクセスストーリーを振り返る

ライオンの横顔生活

自分の陰

私の手記もいよいよ遡って書いていた内容が現在に追い付いてきました。
直近の様子も次からは書けると思います

私と同じ又は近い病状の方の励ましになれば幸いと書き続けてまいりました。

これからは闘病記だけではなく正統派サクセスストーリーが描けるよう生きていくつもりです

病気の逆サクセスストーリー

糖尿病

これから述べるのはあくまでも私の主観によるものです。クスリとの因果関係もあると思うのでその点は考慮のもと読み進めてください!

糖尿病の家系から生まれた私は例に漏れず
40歳辺りから糖尿病的症状がありました。
倦怠感、喉の乾き、疲れやすいなど

しかし
年齢やストレスのためと考え、誰しもが経験しているものと楽観視!これが全ての始まりだったとは…

もし糖尿病的症状が少しでもあれば先輩として言う!生活習慣を直ちに見直すべき!サイレントキラーは自分の中にいる…

大腸がん切除術のために血糖値を下げる必要があったので
教育的入院とインスリン注射、ジャディアンス、エクア、メトグルコ、などの飲み薬一通り経験!

血糖値も後述する大腸がん、心筋梗塞により乱高下して体調の乱高下も招きました
コントロールの難しいものですね

参考までの私の測定値です

血糖最高値は330 最低値は65
最近食後で180位

もちろんジャディアンス、エクアを服用中!

HbA1cは10、5∼6,5を推移
最近は7,0を下回りません

病院からいただいた資料による正常な値は…

空腹時の血糖値

正常値80〜100
糖尿病?125以上

HbA1cとは過去1〜2ヶ月の血糖の平均値

正常値5,9%以下
糖尿病?6,5%以上

この血糖値の乱高下が望ましくないのが人間の身体の基本ですので
この病気の存在1つでもその扱いが大変なのです

大腸がん

糖尿病が温床となって次の大腸がんを発症してしまったのです
私はそう思っています。

ガン発見当時、このガンの発生時期は4年前くらいと医師に断定され、(ガンの大きさなどから判断したのだろう)
人生最大のストレスを感じた前社退職時期に重なって
改めてストレスの怖さを知りました

切除後は
補助化学療法と言われる飲み薬である
抗がん剤UFTを半年間仕事をしながら体験しました
抗がん剤使用時は
吐き気とめまい、味覚障害があった
抗がん剤を服用し始めてすぐに仕事復帰をし、一年後に前回接合した部分からガン再発が認められました。この二回目は抗がん剤治療はなし

大腸を二回の手術によって合計50センチ以上切除し
前立腺肥大も確認され排尿障害と合わせて排便障害があります
仕事を継続する上で強烈な足かせとなりました。
急な便意と排尿がスッキリしないのは通勤や仕事多大なストレスをもたらしました
紙オムツを使用しての通勤と仕事はメンタル面にも陰を落とていきます。

食べ物を早食いすると心臓の辺りにボコッと
食べ物が詰まっていることが分かり猛烈に苦しくなります

心筋梗塞

再発した大腸がんの切除手術の夜に
心筋梗塞を発症し本当に生命の危機を体験した。ICUで数日過ごす

三途の川の川岸でうろうろ

最初のガン宣告でしっかり治療しなければ余命1年と言われ、心筋梗塞は発症場所が悪ければ助からなかったと言われ
ある意味とんでもない幸運の持ち主であると言えます。

心筋梗塞は

分かりやすく言えば心臓の筋肉の20%以上が機能してないことになる。
少しの運動で心臓ドキドキ、息苦しくなる
マスクが必着のこのコロナ禍、更なる息苦しさが襲ってきます。
ここに、コントロールがあまりできていない血糖値の上下動が加わりダルさや疲れやすさも出て全く起き上がれない事も沢山経験することになります。
仕事ばかりか、家事の些細な手伝いもままならなくなります。
負のスパイラルど真ん中…

服用しているクスリのために血が止まりにくいのでケガややけどにも細心の注意をしています!

鼻毛を抜くのも命がけ、毛染めも顔がパンパン

病気じゃなくて他の事であればサクセスストーリーとして胸を張って言えることですが
この逆ストーリーはまったく胸を張れないものです

普通に捉えれば病状が悪化している報告だろ?
逆サクセスストーリーとしては確かに立派だが…

確かにそうだが指を咥えて死を迎えるわけにはいかない

自分の陰 夜

そして現在へ繋がる…

最近どうなの?

最近の体調として心配なのは心臓関係です。
息切れ、めまい、を感じたら無理せず休ませてもらっています。
排尿障害と不意に来る便意は結構慣れてしまい、尿とりパットなどでカバーしてルーティーンが出来上がってきています。
不幸中の幸いで仕事の最中は緊張感もあってか痛みや苦しさによって途中で仕事がストップすることはありませんでした。(我慢できる範囲の痛みや苦しさはありました)
しかし
仕事スタート前にダウンして帰らせてもらうことは多々ありました

その後電車で帰るのですから
通勤帰宅の時が一番ストレスと苦痛と不安を感じました
次の駅までもってくれと思うことが沢山ありました。超速で降りてベンチに倒れ込むことも…
そしてヘルプマークのお陰もあり
手をさしのべてくれる方も多くいらっしゃいました

とにかく大きな3つの病気へのバランスを気にして
何か1つにだけ特化して注意することのないように生活することが大事
であると気付きました。
特に寒暖の差には本当に我が身体は反応してくれました

仕事に対しては何故か身体の不調は鳴りを潜めます。私にとって仕事が一番のクスリなのでしょうか?

しかし一転

通勤、帰宅となると急に具合が悪くなる!

家に帰りたくないわけではありませんよ!

強烈な満員電車から乗り始め、家に近くになるにつれどんどん電車内は寂しくなる!

こんな写真を撮るなんて今までなかったのに
弱っている証拠ですかね…

なんか自分の現状を物語っているかのようで思わず残していました…

無人の電車内

精神が先に

そして身体が疲れを感じ辛くなることが増えました

言い知れぬ不安を感じていました。他の乗客がいてもいなくても不安になる…

通勤時の折れた枝の直撃

こんなに精神的に弱っている最中こんな追い討ちも…

駅から会社までの大きな街路樹の立ち並ぶ歩道をうつむいて歩いていると

不意に頭を棒で叩かれた感が襲いました
街路樹の大きな枝と葉っぱが落ちてきたのです

痛てっ!

頭を直撃した枝実際はこれより大きな木片が頭を直撃!唖然としてその木を撮り忘れた…

この時ばかりはいつも悲観的になる場面なのですが思わず枝の大きさを見て笑ってしまい
我が人生いつもこんなだったよな!と

追い討ちにならず心から笑えました

何か良いことの前兆だな?と喜びに変えて受け止めました。

これから良い事あるかな?

しかし
ケガをするような物が落ちてこなくてよかった…

今考えるとこの時

重いものが落ちてきて命を失っていたら
かっちゃんのぼやきがこの時点で終了になってたのですから…

しかし
死んでだ方がお金を家族に残せたかな?何て事も頭を過ったのも事実。
どちらにせよ私のお気楽な性格が垣間見れた一瞬で
まだまだ結果を残せるほど寿命は残っていると確信しました

手の浮腫(むくみ)

2021年の梅雨の時期にこれまでにない

左手のしびれを感じました。浮腫みも皆さんに見せられない程…

以前我がグローブのような浮腫んだ両手をご覧いただいたのですが
これにコロナウイルス感染防止のためのゴム製手袋を装着して仕事をするので…

ゴム手袋をつけた我が手パンパンに膨れ上がり痺れは更に増すばかりで、暑い夏の時期は布製の白手袋を会社から支給してもらい使用しました。
しかし
Lサイズでもやっと手が入る状態でまたしても苦労…
ペンを握って字を書くのも一苦労です

手作りケーキで長男長女の誕生日を祝う

我が家の恒例行事のケーキで祝い事!
家計も苦しいので今回も5日違いの長男長女を同時に妻手作りケーキで(せめて別々に2つ)祝いました。

家族の誕生日の祝い方を振り返ってみると
どんどん質素になっていき
妻や家族は何も言いませんが、
我が家の経済状態が逼迫していて大変なことは鈍感な私にも痛いほど伝わってプレッシャーとなっていきました。

経済の建て直しは急務で必死で考えています。  とにかく動きます!

二人の誕生日ケーキ

感激の初バイト給料でプレゼント

末娘とは対立はするが何故かやることなすこと私に似ている。真似してほしくない部分ほど私の生き写しだ!男女は違えど自分を見ているよう…

心配はつのるけど
私にない優しい面を垣間見ることができた
妻の入れ知恵かもしれないが
バイトで稼いだ初のお給料で私の好きそうなお菓子を買ってくれた

子供達も確実に私が思っているより成長している…

あんこ玉しかし
この時は吐き気と熱によるダルさも襲ってきて体調不良で寝込んでいた

涙を隠すのがやっとだった…

でもこんな幸せな美味しい時間はないね!

その優しさをもっともっと育んでくれ

ありがとう!

酸素缶の使用

夏の始めから

急に息苦しさを感じるようになり
オキシメーターで酸素飽和濃度を頻繁に測定するようになりました。
機械は無情にも正確で、息苦しさを感じると警報音を鳴らし始めます

ピピッ、ピピッ!

それ以来妻がスプレー式の酸素ボンベを持たせてくれるようになりました。
息苦しさについてはあまり改善される感じはありませんが、数値は回復します。その数値を見ると楽になっていくのです

携帯用酸素缶

コロナワクチン接種

私は7月の末日迄に二回の接種を受けました

大規模接種会場この写真を撮っていると係の数人がダッシュで私に近づいてきて、何事かとビックリしていると

館内撮影禁止です!

と久々に怒られました!

反省!張り紙に気付かず…

初回の接種では全く副反応はなかったのですが、二回目の接種を受けた夜から
微熱と強烈なダルさが襲ってきて二日間寝込みました。

普段薬漬けの毎日ですから大丈夫!と

うそぶいていたのですが…

まだまだコロナウイルスとは戦わなくてはいけない!長い戦いになりそう!
気を引き締めよう!

そして最大の病気を見つけた!ラスボスか

これまでの多くの出会いと経験で分かったことがある

気持ちが一番弱っていて、まともに育ってもいなかった。未熟だった  凄い気付き‼️

お前の心が一番病んでいた…

          解決の糸口はそこだったんだ!

そして、2021年10月に繋がります

好不調の波は激しいですが体調面の報告をしながらも精神、経済面の建て直しにも力を入れ報告させていただきます!
病気で多方面に苦しんでいる方の力になれるよう頑張っていきます。
参考にはならないけど頑張っている姿を配信し続けます

これからも闘病の事だけでなくそれ以外の再生もご報告させていだきます。失敗が予想されますが恥ずかしげもなく報告していきます

自分の陰4

逆参考にしてください!

ひとまず、ありがとうございました!
 そして、これからもやってやるぜ!

コメント